01/30/2019

少しお店を広げますか

奈良大の卒業論文を書いてから一年以上経ちます。城の外形、城壁と角や途中にある出っ張りの関係を考えていたんですが、当時調べたのは東アジアの一帯だけ。

論文の指導で主査の千田先生との面談で、「そういえばよその地域、他の時代はどうなんだ」と気がつき、卒論には紀元前のエジプト、イラク、ギリシャあたりから古代ヨーロッパあたりを、サラッと触れただけでした。

そんな中で、全体の中での位置づけということが気になってきたので、ちょっと前からちまちま調べてました。先日、パスポートの申請に行ったついでに横浜中央図書館に行ってこのあたりの資料を探していたら、何冊か目についちゃいました。で、アマゾンの学割で購入。

(重くて、高いけど)なかなかいい本です。 何冊か資料を入手したので、しばらくはこのあたりを読み込まないと。

20190130_1

古代から近代までの世界のあちこちをカバーしてるんですが、日本の部分ではグスクも取り上げてあって、なかなか充実しています。

20190130_2

| | Comments (0)

01/29/2019

枡形城 2019/1/27

晴天の1/27川崎市の枡形城へ行ってきました。

近所の人でも、あまり城跡とは思ってないかもしれない所で、川崎市立日本民家園の裏の山といった方がわかりやすいかもしれません。

家からは、田園都市線のたまプラーザへ行き、バスで「生田緑地入り口」まで。向ヶ丘遊園の駅から歩いても15分くらいだそうですが、向ヶ丘遊園駅まで行くのに乗り換えが必要なので、私はこちらで。

20190129_1

その名の通り、生田緑地として整備された公園で枡形城、民家園以外にも岡本太郎美術館、伝統工芸館、遊べる広場にD51,客車などなかなか充実しています。

20190129_2

ビジターセンターの横を抜けて民家園入り口の手前から登りました。

20190129_3

 

途中は、とてもよく整備された階段と坂道。

20190129_4

所々で露頭を見学できます。

20190129_5

20190129_1_1

地学好きにも楽しめるかな。

20190129_6

 

途中で、アヤシい削平地的なところをに寄り道したりしても、10分ちょっとで登れてしまいます。

この門はまぁいいけれど、

20190129_7

色々とご意見のあるデザインの展望台

20190129_8

でもね、眺望抜群なので無問題

20190129_9

20190129_10

20190129_11

枡形山にまつわる歴史、自然の数々がパネルで説明されています

20190129_12

下りていってから、これも前から見たかった日本民家園。

20190129_13

入場した時に、ボランティアによるガイドツアーが始まるという放送があったので、集合場所に急ぎました。

予定では30分ということだったんですが、結局1時間半くらい。説明の方と参加者は共犯。 そもそも、ツアーは途中参加・離脱自由なので参加者も皆さん楽しんでました。

時間の関係で、ちゃんと見たのは、半分もなかったので、今度また来る予定。

20190129_14

20190129_15

20190129_16

20190129_17

20190129_18

20190129_19

タヌキさんにも、公衆道徳を守ってしっかりしていただきたいものです :-)

20190129_20

| | Comments (0)

01/13/2019

きょうは小沢城

きょうは、先日の小野路城に続いて、近場シリーズで小沢城(ギリギリ川崎市かな)に行ってきました。
行きは南武線の稲田堤からアプローチ。

20190113_1_2

思ってたよりもちょっときつめの坂がありましたが、今回はちゃんと足下も固めていったし、軍手もしていたのでバッチリでした。

20190113_7

20190113_8

20190113_10

20190113_15

物見台と呼ばれるあたりは、富士講の人たちが立てた碑がいくつもあったりして、面白い所でした。

20190113_19

20190113_21

20190113_20

20190113_18

最後は、北側の穴沢天神社に出てきました。この直前が、かなりの段差が続いていまして、前日の雨で若干スリッピーなので恐る恐る下りました。

20190113_24

20190113_27

折りたたみのストックをバックパックに入れてたんですが、出しておけば良かったかな。
気がつけば、一応東京都に入ってました。
最後は、京王よみうりランド駅から橋本経由で帰宅。
ご近所お気楽城遊びも楽しいなぁ

20190113_31

| | Comments (0)

04/08/2016

2016/4/5 難波

ぼたん鍋の翌朝は、麦とろ付きの朝食。

 

20160405_1

 

宿の直前のバス停から篠山口駅まで移動しましたが、その前に写真を何枚か。

 

20160405_2

 

20160405_3

 

昨日と逆に丹波路快速で大阪駅まで。

 

20160405_4

 

途中の景色も桜で綺麗です。

 

20160405_5

 

綺麗になった大阪駅から環状線で森ノ宮駅まで進みます。

 

20160405_6

 

かれーうどんがウリの店で昼食。

 

20160405_7

 

店を出て、しばらく中央大通を西に進んでいくとマンションの下にもこんな看板が現れました。

 

20160405_8

 

そして、その先には難波宮跡公園。

 

後期難波宮の大極殿の基壇が復元されています。ここで周辺を見ながらちょっと休憩。

 

20160405_9

20160405_10

20160405_11

 

神町筋との交差点の対角線上にあるのが、大阪歴史博物館。

 

あまり時間はなかったのですが、見てきました。学生証を出して、大学生料金。いやぁ、ダメだって言われたらどうしようかと思ったんですけど、OKでした。

 

20160405_12

 

8階のあたりから大阪城を眺めました。時間があれば、あっちも行きたかったんですが、残念ながら、今日は上から見下ろすだけ。

 

20160405_13

 

新大坂駅までは、このファンキーなラッピング車両でした。

 

20160405_14

 

新幹線に乗って東進。愛知あたりまでは結構いい天気だったんですが、静岡に入るとこんな感じに。富士山の見える側の席をとったんですが、残念。

20160405_15

 

と思ったのですが、小田原を過ぎてから、顔を出してくれました。

 

20160405_16

 

さて、お勉強ちゃんとできるでしょうか。

| | Comments (0)

04/07/2016

2016/4/3 奈良から篠山へ

奈良での入学式も終え、ついでなので100名城めぐりもしていこうということで、本日は兵庫県篠山へ。

 

奈良駅からJRの直通快速で尼崎。尼崎からは丹波路快速で篠山口まで行きました。

 

201604_1

 

201604_2

 

途中でも車窓から桜を楽しめる絶好の時期でした。

 

201604_3

 

篠山口駅からタクシーで旅館に入り、荷物を預けて篠山城。

 

このお城は、最初から天守はなく、かわりに大書院というものを建てました。写真の真ん中辺りに三角形が見えているのがその屋根です。

 

201604_4

201604_5

 

ほぼ真四角の堀で、三方に馬出しと呼ばれる突出部が作られました。そのうち2つが綺麗な状態で残っている珍しいお城です。

201604_6

 

左手の桜が標準木。

 

201604_7

 

当日は城内の青山神社の例大祭。おそらく、傘提灯もそのためかと。

 

201604_8

 

大書院の中の一室がお祭り関係の席として使われていました。

 

201604_9

 

大書院自体は、維新の大波を乗り越えたのですが、1944年に失火により焼失しました。これを2000年に復元したものが現在の大書院です。

 

その時に作られた模型です。

 

201604_10

201604_11

201604_12

 

こちらは城内の青山神社。

 

篠山は長く青山氏によって治められていました。

 

201604_13

 

この神社のすぐとなりに小振りな天守台があります。

 

201604_14

 

こちらが天守台。

 

201604_15

 

街の中にはお城以外にも見どころがいろいろとありました。ここは旧裁判所を使った美術館。

 

木造の裁判所としては日本最古だそうです。

 

201604_16_2

 

こちらは馬出しの土塁部分。

 

そこそこの高さの土塁です。

 

201604_17

 

ちょっと見にくいのですが、左手の広場のようなところが馬出しの曲輪部分。

 

201604_18

 

篠山といえば、猪ととろろ、黒豆。ということで、街中にそんな看板がいっぱいあるのですが、一番の迫力はここでした。

 

201604_19

201604_20

 

このあたりの猪の猟期は11月中旬から3月中旬ということですが、その関係でしょうか、このお店も春から秋は休店だそうです。

 

201604_21

 

泊まったのはこちら。ぼたん鍋的なシーズンオフだからでしょうか、本日の宿泊は私達ともう一組。ゆったりさせてもらいました。

 

201604_22

 

201604_23

 

夕食はもちろんぼたん鍋と地酒、朝食には麦とろをつけてもらい、満足でございました。

 

| | Comments (0)

04/05/2016

2016/4/1 奈良へ

所要があって、奈良へ行ってきました。

 
新横浜から新幹線でまずは京都駅まで。
 
20160401_14
 
おやつをつまみながら読書など
 

20160401_15

 

写真だととても見えにくいんですが、白い雲の中に浮かぶ白い富士山が綺麗でした。

 

20160401_16

 
京都駅に到着。昼時だった、というより、これも目当ての一つだった駅構内の松葉。さて、何を食べるかな、と思った瞬間に自分のものも含めて何台もの携帯がビョンビョンと鳴き出しました。
 
地震警報。
 
久しぶりに聞いてちょっと動揺しちゃいました。が、周りの人はみなスルー。

結局、三重の方が震源でしたが被害もなく、結果オーライ。

 
オーダーは、相方が狙い通りにしんそば、
 
20160401_2
 
私は、ちょっとおつまみでお酒を頂いてからそばをいただきました。
 

20160401_1

 

ほう、

 

20160401_3

 

近鉄で奈良へ向かいます。

 

20160401_4

 

宿泊は奈良駅のそばなんですが、その前に(大和)郡山城へ。

 

20160401_5

 

現地ではちょうどお城まつりの期間中。生憎の小雨でしたが、桜が8部咲きくらいでいい感じです。

 

20160401_6

 

数年前から崩落の危険があるということで天守台の発掘調査、補修工事が続いています。以前は天守台のあたりも木が多く植えられていて石垣を痛めていたようですが、それも撤去され、見晴らしも良くなっています。

 

天端(石垣の一番上の線です)が凸凹なのは、他の部分の工事用に取ってっちゃった名残だそうです。

 

20160401_7

20160401_8

 

小雨の金曜日の午後なので、人出はまだまだ少なかったんですが、こんな出店も。

 

20160401_9

20160401_10_2

20160401_11

 

大和郡山の町中をJRの郡山駅に向かって歩きましたが、水路と道路が一体化してなかなか綺麗ですが、夜は間違って落っこちてしまいそうで怖いなぁ。

 

20160401_12

 

福島県じゃありません。

 

20160401_13

 

ここから、JRだと隣の奈良駅まで移動。夜は、これも念願だった蔵というお店で美味しいお酒と食事を頂いて一日目終了。

 

明日は本番だ。

| | Comments (0)

10/05/2014

飯田線沿線城めぐり 三日目

9/23 さて、最終日だ

きょうも、ホテルのバイキングでスタート。大浴場同様で食事はお向かいのニューシルク。

飯田線で伊那市まで移動。

201409231

駅前でJRバスの時間を見たら、なんと今日は休日ダイヤ‼︎(っていうか、休日です)予定していた時間より、30分ほど遅いぞ。大丈夫か?

201409234

201409233

まぁ、じたばたしてもしょうがないので、食べ物でも仕入れていこうかと駅の周りをしばらく回ってみたが、コンビニ類がなく、補給食が手に入らない。うーーむ。

201409232

しかたないので目の前の越後屋という店でお菓子を買って食べた、けど、尾中に溜まりそうなものもなし、私の要求とはちょっと違うのであった。

定刻にバスに乗りました。ちょっと短めのバスに駅から乗ったのは5,6人。もう少し混んでるのかと思ったけどこんなもんかな。

高遠駅(駅って書いてあるんだなこれが)に到着したところで、帰りのバスまで1時間しかないじゃない!しかも、観光案内所が昼休みだ。ここでアプローチを考えようと思っていたのに、こんな時間に休まないでヨォ

高遠の街では、到着と同時に子供みこしがスタート。

201409235

いいタイミングだけど、今回は時間がないので、速足で、城へ向かう。おおまかな方向はわかってたんですが、大きな丁字路にぶつかってしまった。しかも、案内が出ていない。携帯の地図でもわかりにくい。あせりつつイチかバチかで左に曲がりながら記事を検索していると、どうやら右折が正解と気がつく。

ここからドヒャー−っと高速登坂。途中からは案内の標識も見えてきて、一安心。ちょっとヘロヘロになりつつ博物館に到着。本当は中をゆっくり見たかったけど、時間がないのでスタンプのみ。(スタンプが感慨においてあって助かったよ)

201409236

でも、このまま帰るのはいやだったので、城址公園をこれまた速足で駆け抜け、なんとか時間までにバス停に戻ってこれました。

201409237

201409238

JRバスで伊那市駅まで戻り、飯田線で岡谷まで乗車。あずさにも乗れる時間なのはわかっていたんですが、これまた一度乗ってみたかった「はまかいじ」で帰ることにしていました。

この時間を使って、岡谷で途中下車して、駅前のスーパーみたいなところの食堂でてんぷらとざるそばセットにお酒で昼ごはん。

定刻になり、はまかいじにのって出発。最初は指定席も自由席もガラガラだったけど、甲府あたりで満席。町田乗り換え、長津田からはタクシーで帰宅。


いやぁ、楽しかったぁ。

とりあえず、日本100名城の関東甲信越、北陸東海を制覇。全部で84城。(6城は前に行ってるんだけど、その頃はスタンプは押してなかったのでした)

201409239


|

飯田線沿線城めぐり 二日目

二日目の9/22は、ホテルのバイキングで朝食。一階のレストランで、予想以上に充実してました。決まりきったパンとおにぎりしかないようなところはすぐ飽きちゃうけど。なかなかの充実ぷりでした。

豊橋駅までとっとこ歩いて、いよいよ飯田線です。到着する電車は通勤通学の人たちで結構混んでます。うーーん、偉大なるローカル線って、結構人がいるんだねぇ。

201409221

なんて思ってましたが、何駅かすぎるともうガラガラ。小一時間乗って三河東郷で下車。


予想通り売店とかは全然ないぞ。とりあえず、駅の時刻表をメモとして写真を撮ってから

201409222

201409223_3


201409224_2


駅前の案内板を確認して、設楽原の博物館へ。人にもすれ違わず、田舎道を歩くうちに左右の山と、それに挟まれた谷というか平地が見渡せます。そうか、ここが設楽原なのね。たしかにここで見ると、両側から進行してきて、押さえたくなるよなぁ、と実感。こういうのは、やっぱり現地に行くと、スケール感もよくわかるものです。


201409225

新城バイパスを越えて、武将の名前の出ている看板をいくつも見ながら設楽原歴史資料館に到着。長篠の戦いについても詳しいけれど、鉄砲の資料館としても立派、堪能いたしました。

次の飯田線の時間に合わせて、三河東郷の駅まで戻って飯田線で、長篠城駅まで移動。

こちらも、当然人気のない駅だけど、妙にあれな建物付き。

201409226


201409227


201409228


バックパックに付けてあったストックを用意して、歩くぞ。

線路沿いに少し戻って行くと、長篠城の本丸跡。長篠城址史跡保存館。

201409229


2014092210

重めのバックパックを背負ってましたが、受付で預かってくれました。ここで、スタンプを押してから、周辺案内を含めたパンフレットを入手、見学。重めのバックパックを背負って出発、と思ったら「回ってくる間預かっときますよ」とのありがたいお言葉。

早速、行動開始。で、いきなり昼食、またうなぎ!

2014092211

食事を終えて歩き出すと、中央構造線長篠露頭の案内を発見。え、ここでみられるのか?
畑の横を通って木のなかに入って行くと、あった!

2014092212

2014092213

伊那街道に出て、コンビニで飲み物を調達してから川を越えて行くと、新東名の工事現場。すごい規模だけど、このへんだけ見たら、車じぇんじぇんいないんだけどね。

2014092214

# 第二東名じゃなかったっけ、と思って後から調べたら名前変えたのね


2014092215

鳥居強右衛門の処刑地などを見てから、いよいよ長篠城の対岸。二つの川の合流地点を対岸から見ると、長篠城の本当の凄さが見えるように思います。これは、攻め切らないよなぁ。

2014092216

グルっと回って、長篠城址史跡保存館に戻って、バッグを再度背負い込んで駅まで。結局1.5時間くらい歩いたのかな。

再々度飯田線で、飯田まで。

2014092217

徒歩5分位のシルクホテルにチェックイン。

2014092218

泉というお店で夕食。清酒とさかな。焼きシメジ、イカの味噌焼き、納豆オムレツ、近くにこんな店あればなぁ、など遠見思いながらホテルに戻り、向かいのニューシルクの大風呂に入ってから部屋で電話会議に参加、まぁ仕方ないか。


紙パックの地酒を頂いて、就寝。

|

09/28/2014

飯田線沿線城めぐり

残っていた夏休み分の休暇を使い、飯田線沿線城めぐりに行ってきました。

初日は、新横浜(09:45)→こだま643→豊橋(11:41)

メインの城は日本100名城から長篠城と高遠城。他には、吉田城、仁連木城。史跡としては二川本陣跡、設楽原古戦場。さて、出発。


9/21 家を出発。十日市場から新横浜。こだま643号で豊橋まで移動。新幹線50周年記念ということで、格安でグリーン車に乗れました。新横浜でも、車両に10人もいませんでしたが、途中でなんと貸切状態。まぁもともと名古屋止まりなんで、そんなもんなんでしょうけどね。

201409211

昼前に豊橋駅に到着。とりあえずホテルにチェックインして荷物を預けて駅に戻りますが、なんとなく食べようと思っていたカレーうどんをやってそうな店を見かけなかったので、まぁいいかとそのまま東海道線で隣の二川。予想はしていたけれど、駅周辺に食べ物屋の気配なし。

駅のすぐそばに今日開店というレストランがあったけれども、なんだか全然やる気がなさそうな外観。もう少し歩いたところには、寿司屋もあったけどこちらも外に何も出ていないので、やはり気に入らずにパス。

# 食い物はある時に食べる、なさそうだったらなんか買っておく、っていうのは山城でなくても真実であるなぁ。

二川宿の本陣跡が資料館になっているので、ここを目指したわけだけど、途中の旧街道の雰囲気はなかなかよろしいです。車で通ったらわかんないだろうなぁ。

201409212

資料館では、五街道のジオラマが面白かった。地形を把握できたので、飯田線で移動中も、よりイメージが湧いてよかったなぁ。街道はあそこを通すしかなかったんだよなぁって理解が良く出来ました。

201409213
(豊橋市二川宿本陣資料館)

# 資料館を出るときに受付の人に聞いたけど、やはり周辺に食事ができるようなところはないようだ。で、豊橋まで戻りネットで調べた羽子吾という鰻屋というか寿司の店へ。生ビールと公楽という地酒の「延ねん」というもの。肝焼き、うな重でお腹いっぱい。

豊橋の駅前で450円のフリーパスを買って市電に乗車。(普通に買うと、一回の乗車150円)豊橋公園内の吉田城址を見学。ここは、明治以降は陸軍や役所が使ったパターン。公園になってるということで、全然期待していなかったんですが、思いの外立派。特に本丸のあたりの石垣群は素晴らしい。周辺の堀も埋められて道になっているが、土塁も結構残っているので、歩いていても面白いし、おみそれいたしました。


201409214_2


201409215


公演そばの公会堂の建物もなかなか素敵な建物。

201409216


201409217

しばし楽しんでから、もう一度市電に乗って、住宅街の中の公園となっている仁連木城址。こちらは、江戸時代になるときに、家康にくっついて行っちゃった一門だったということで、廃城歴400年を越すんだけれど、明治からは果樹園になったり、庭園になったりしてたそうで、割といい感じでした。

201409218


201409219

仁連木城は、住宅地の中にあるのですが、周辺に競輪場があり、そのお客用に駐車場が点在。開催日は結構な交通量になるんですかね?

競輪場前という電停まで歩いていくと、小さな引き込み線が二本あり、私が行った時にも二編成が待機中。こんなのは初めて見ました。

2014092110

夜は、豊橋駅近くのおしゃれっちい魚系飲み屋で食事。 清酒を色々とラインナップしていたけど、食事中に合わせて飲むにはいやに高い。なんだかなぁ。結局頂いたのは、生ビール、青竹酒(まともだった)、刺身盛り合わせ、出汁巻き卵。

ホテルに戻ってサービスのカレーをちょっと食べて、今日はおしまい。

|

09/07/2014

横浜線沿線城めぐり

今務めている会社では、お盆の頃に夏季休暇+有休で一週間の休みがあります。そして、それ以外に9月末までに二日間任意で休みを取ることになっています。今年は、9/5、9/22に一日ずつとって3連休、3連休、4連休とほとんど週休3日制のようなパターンで過ごす予定です。

そんなわけで、9/5は平日の城攻めとなりました。

普段(これが普段というのもおかしいけど)日本100名城を回るのには、列車や飛行機で遠出をすることが多いわけですが、今回行ったのは、近場の城跡。移動手段は、JR横浜線。

この辺りというのは、普段から自転車で移動することの多い範囲ですが、自転車用の靴を履いていたりするので、低いとはいえ山城に行くには躊躇がありました。

横浜線沿線というのは、古の神奈川道にかなり沿っているので、その周辺には多くの城跡があります。特に、戦国期の北条系の城が多くありました。横浜線の駅から歩いていけるようなところだけでも、片倉城跡、成瀬城跡、榎下城跡、小机城跡、篠原城跡(金子城跡)、権現山城跡、青木城跡などなど。ちょっと外れれば茅ヶ崎、小野路、荏田などなどそれこそ一杯ありますが、今回は楽できるところだけ。

さて、休みだったんですが、9時から1時間ほど仕事がらみで電話会議がありまして、10時半過ぎからそろそろと出発。暑くなりそうです。

家を出て、まずは長津田まで歩いていきます、長津田駅で来たのは橋本行き。片倉まで行くには一本待たなきゃいけないんですが、もう暑かったので、まずは乗っちゃいます。橋本駅で10分弱待って次の八王子行きに乗車。片倉駅に着いたのは11:30頃。うーーん、降りたことないなぁ、この駅。


片倉城跡

ホームから見えるこんもりとしたところがどうやら目当ての片倉城跡。ここは公園になってるらいいので、先日の成瀬城に毛が生えた程度なのかなぁと思ってました。

201409051_1


線路の近くからぐるっと回ると立派な看板。あれ、これは成瀬城跡とはわけが違うぞ。


201409052_1


201409053_1

ここから看板に従い登っていきますが、本当に沢というしかないところがあったり、空堀や土塁を通って本丸、二の丸のあたりに到着。

201409054_1


201409055_1


201409056_1


201409057_1


201409058_1


思いのほか立派なところでした、なめちぁいけないなぁ。


201409059_1


2014090510_1

城内には住吉神社がありまして、そこには江戸後期の算額の複製がかかっていました。

2014090511_1

もうここで、お昼の時間なんですが、しかしこの辺食べ物屋(というか他の店もだけど)が少ない。

駅のそばまで戻ったら、食べ物屋は一軒だけ。問答無用で突撃。うちん家という名前のラーメン屋さん。蛤煮干しだったかというのぼりが出ていました。

ここで、チャーシュー麺を頼んだら、蛤と手羽が乗ったラーメンが登場。どうやら、この手羽がチャーシューということらしい。味はまぁ魚介系のかおりがどどんときいて、中々よろしかったです。

# しょっちゅう食べると、疲れるのかなぁ。

12:30頃に横浜線で小机へ移動。


小机城跡

2014090512_1


2014090513_1


2014090514_1


2014090515_1


2014090516_1


2014090517_1


篠原城跡(金子城跡


2014090518_1


2014090519_1

権現山城跡

青木城跡

あまりにも暑かったので、東神奈川から一駅だけ京急に乗りました。京急神奈川駅。

横浜駅の隣で、「横浜」よりくくりの大きいはずの「神奈川」の駅なんですが、まぁ小さい。ホームも幅が狭くて怖いくらいなんですが、改札もこんな。

2014090520_1

駅のすぐ横には青木橋があり、二国(R1)を車がビュンビュン通ってます。

2014090521_1

ちなみに、このあたりで一国(R15)と二国が合流しています。


国道とは逆側、線路にそってちょっと東京川に向かったところに権現山城跡があります。世間的には幸ヶ谷公園ですね。

こんな看板がいくつか出ている以外は、ここが城跡と気が付かない人が多いんでしょうね。海にほとんど面している高台の先端。なかなかいい場所だったんでしょうね。

2014090522_1

海側はかなりの段差がある崖のようになっています。こちらへ降りて行くと開国の頃フランス公使館として使われた甚行寺などがあります。

2014090523_1

線路と国道を渡ると、そちらは本覚寺。

看板には説明が出ていませんが、青木城跡です。ここと権現山城はひとつの城だったのではないか、と言う話もあるそうです。たしかに異常に近い。どうだったんでしょうね?

2014090524_1


2014090525_1

開国の頃、こちらはアメリカ領事館が置かれたところでもあります。

2014090526_1

ここからは東神奈川に向かって歩いて戻ったんですが、ついでに浦島寺(慶雲寺)に寄りました。

2014090527_1

こちらは、フランス領事館が置かれたところでした

2014090528_1


2014090529_1

昔はさぞ賑やかな一体だったんでしょうねぇ。

あっつい中、二万歩ほどの行程でした。

仕上げは東神奈川駅前の根岸家で一服。

2014090530_1

いやぁ、実に良い一日でありました。

|