« April 2019 | Main

05/04/2019

2019年ゴールデンウイーク 茨城編 その3 つくばりんりんロードに沿って北上

二日目は、旧つくば鉄道の廃線跡につくられた「つくばりんりんロード」沿いに北上していきました。

 

つくば駅近くの駅を出発して北上。まずついたのは、小田城です。

 

小田城

 

最近では最弱戦国大名などと言われている小田氏治の居城として有名です。

本丸のど真ん中を旧筑波鉄道が貫通していました。

まずは案内所により、資料をもらい案内ビデオを見ました。そこでも説明されるのですが、この城は鎌倉時代から戦国時代の終わりまで400年以上使われたのですが、その間の変化が面白い。

特に本丸のあたりですが、大きな枠では同じ位置に同じようにあるのですが、どうやら輪郭がずいぶんと変化したようです。当初は、比較的単純な方形の居館だったものが、戦闘を意識したものとなっていく過程で、隅部の張り出し及び築山が設けられたようです。

私の興味のある琉球のグスクで見られる曲線累線の発生過程とつながる例なのかもしれません。このあたりのこと、今後、もっと調べていこうと思っています。

 

001

Unadjustednonraw_thumb_326bb Unadjustednonraw_thumb_326cb

Unadjustednonraw_thumb_326ba

Unadjustednonraw_thumb_326c7

 

城とは別に、このつくばりんりんロードは以前から自転車で走ってみたくて、何度も計画を立てていますが、なかなか実現しません。いつか実現させなくちゃ。

 

平沢官衙遺跡

次に向かったのは、平沢官衙遺跡。ここは、平沢官衙遺跡歴史ひろばという公園として整備されており、三棟ほど復元建物もあります。

奈良・平安期の常陸国筑波郡に置かれた官衙跡です。

こちらでも紹介ビデオをじっくり見ました。それぞれ違う形式の三棟の復元の様子も興味深いものです。

近くの田んぼでは蛙が盛大に鳴いていましたが、そういえばこの辺は筑波山の近く、ある意味本場ですもんね。

 

Unadjustednonraw_thumb_326e0

Unadjustednonraw_thumb_326dc

Unadjustednonraw_thumb_326a2

Unadjustednonraw_thumb_326bc

このあたりで昼食をとって、次の目的地は真壁城。

 

今回はレンタカーで動いたんですが、ついていたナビには苦労しました。

なにしろ、今回行こうと思ったような所はほとんど検索で出てこない。仕方がないので、iPhoneのグーグルマップとの併用になりました。(事前に地図は準備してあったので、いざとなったらそちらを使うからいいんですけど、せっかくあるんでね)

 

真壁城は、近くまで行っても看板もない。

 

きっとここだと思って入った細い路が、真壁体育館の駐車場につながっていました。車を止めて見回すと、真壁城の案内板。

もう少しわかりやすくてもいいのになぁ。 (城内の発掘調査、整備が続いているようですから、今だけの問題かもしれません)

 

Unadjustednonraw_thumb_32694

Unadjustednonraw_thumb_3268a  

Unadjustednonraw_thumb_3268f

 

Unadjustednonraw_thumb_3269c

Unadjustednonraw_thumb_32686

 

真壁城の次に真壁の町並み見学です。長く栄えた街、特に商業が盛んだったという土地です。古い建物が多く残った町並みはそれなりに見応えがあります。一般にはひな祭りの頃が観光シーズンだそうです。

 

町中で最初に行ったのは、真壁伝承館という資料館。歴史博物館として楽しませてもらいました。

 

Unadjustednonraw_thumb_3267b

Unadjustednonraw_thumb_3266a

 

Unadjustednonraw_thumb_32657

 

このあとしばらくは町中を散策。

 

Unadjustednonraw_thumb_32659

 

洋品店を改装したというカフェでは、とても珍しい梵鐘(サイズからすると半鐘になるようですが)が吊されています。これは、関東唯一の梵鐘メーカーである小田部鋳造製の釣り鐘。いくらでも叩いてください!とのことでした。

 

Unadjustednonraw_thumb_32650

Unadjustednonraw_thumb_32671

Unadjustednonraw_thumb_3267a

 

 

ちょっと時間が余ったので、ホテルを通り過ぎて、茨城の話題でよく出てくる牛久大仏まで行ってみました。

時間が遅かったので入場はできませんでしたが、まぁ外から見れば十分かな。

 

Unadjustednonraw_thumb_32672

Unadjustednonraw_thumb_32651  

 

つくばのホテルに向かう間に珍しい「幻日」を正面に見ながらのドライブ。なんとも不思議な感覚でした。

 

 

| | Comments (0)

05/01/2019

2019年ゴールデンウイーク 茨城編 その2 美浦村編

まず初日の4/27に土浦駅からレンタカーで向かったのは、かつての職場のある美浦村。「みうらむら」ではなく「みほむら」です。

 

1983年の4月から翌年の秋まで、ここの工場に通っていました。朝早く、夜遅い生活で周辺のことは全然見てませんでした。なんてもったいない。

Unadjustednonraw_thumb_32749

最近になって色々と調べると、このあたりにも一杯見所があったようです。上の写真の左側の茂みも実は古墳。木原白旗古墳群第2号墳(白籏石尊古墳)という前方後円墳。

すぐそばにも何カ所も古墳がある土地でした。写真の右手前あたりも遺跡。このあとに行った美浦村文化財センター(陸平研究所)の展示で色々と勉強できます。

 

O1200090014303965389

 

このあと、半十郎というそば屋で昼食をとってから陸平貝塚へ。

 

陸平貝塚(おかだいらかいづか)

 

大森貝塚で有名なE.S.モースの弟子の佐々木忠治郎と飯島魁が,1879年に発掘したもので,日本人の手になる発掘の第1号として有名。文化財センターでは、そのときの《Okadaira Shell Mound at Hitachi》(1882)も展示されています。 日本人学者による最初の考古学発掘調査ということになりますね。

Unadjustednonraw_thumb_32644

Unadjustednonraw_thumb_32638 

Unadjustednonraw_thumb_32642

駐車場近くの文化財センターでは、発掘調査の様子を記録したビデオや、発掘物などを見学できます。

今回、説明をしていただいた方と話しているときに説明写真に会社が写っていたので、「私、昔ここで勤めてたんですよ」と話すと、「じゃぁ、岡野さんご存じですか?」とのこたえ。

知ってるもなにも、私がお世話になった直属の上司でした。膵臓ガンで2013年の暮れに亡くなられましたが、地元美浦出身の方で、歩いているときも思い出し続けていた方でした。なんでも遠縁にあたると言うことでしたが、あまりの偶然にびっくりしました。

 

さて、貝塚。数千年間使い続けられた貝塚で、一番厚いところでは4.5mもの貝層が確認されています。

 

Unadjustednonraw_thumb_3263c

 

Unadjustednonraw_thumb_3263e  

Unadjustednonraw_thumb_3262c  

今はきれいに手入れされていますが、当時は木が一杯だっただろうに、よくぞ発見してくれました。

 

車で、少し土浦方面に戻って、木原城です。

 

木原城

 

到着するちょっと前から雨が降り出し、場所だけ確認しておしまい。以下は、4/29に再訪したときのものです。

木原城は、二の曲輪、詰曲輪のあたりが城址公園として整備されています

公園の広場の周りを囲む土塁など、遺構もそこそこ残っていて楽しめます。

Unadjustednonraw_thumb_3279a

Unadjustednonraw_thumb_32799

Unadjustednonraw_thumb_32782 Unadjustednonraw_thumb_3278c  

 

 

再挑戦

Unadjustednonraw_thumb_32784 Unadjustednonraw_thumb_3279f

写真ではわかりにくいですが、堀もなかなか大規模でおどろきました。

 

 

広場の中には展望台があり、周囲を一望できます。 

P4290603 Unadjustednonraw_thumb_327af

 

広場内の通路も、実は遺構のなごりでもあります

Unadjustednonraw_thumb_327ae

 

 

 

水神宮

 

会社は、霞ヶ浦沿いの高台にあるのですが、そこから霞ヶ浦の方に下りていくと、水神宮という社があります。すぐ隣が漁港になっています。霞ヶ浦沿岸には多くの水神宮、水天宮があるそうです。こんなことも知らなかったなぁ。一帯なにしてたんだか。

Unadjustednonraw_thumb_3276a Unadjustednonraw_thumb_32761

 

ここからは、つくばにとったホテルに向かいましたが、その途中で予科練平和記念館によりました。以前、館外の零戦、回天の展示は見たのですが、今回はやっと時間がとれて館内の見学がかないました。

予想してはいたのですが、やはりつらいです。予科練生達、しっかりした顔をしていましたが、みんな子どもです。二度と、こんなことをしなくて済むように。

| | Comments (0)

« April 2019 | Main